働き方に制限がある優秀な人材を在宅エンジニアとして活用-在宅SE活用事例-

在宅SE活用インタビュー

“働き方に制限がある優秀な人材を

在宅エンジニアとして活用”

株式会社 カイラステクノロジー

Web・システム事業、国内Web開発、国内システム開発、アプリケーション開発事業、運用
https://corp.kailash-tech.jp/

弁護士事務所向けの業務管理システムを開発、販売。その他、士業向けのシステムも展開している。

カイラステクノロジー中村様
カイラステクノロジー様ロゴ

株式会社 カイラステクノロジー

人事部 部長 中村雄一様

在宅エンジニアを活用し始めたきっかけは何でしょうか?

 エンジニアの採用に苦戦していて母集団形成に悩んでいたとき、当社の代表から「結婚や出産で仕事を離れてしまった人の中に優秀な人がたくさんいるんじゃないか」と言われまして、そういう人たちを紹介してくれるところを探していたときにコネクティルさんを知りました。つまり“在宅エンジニアを”というよりは、今まで対象にしていなかった層から、優秀な人材を探そうと思ったのがきっかけです。

  あとは、(コロナ禍により)働き方がかわっていった時期でしたので、それに合わせて採用手法も変えていこうとしていたタイミングだったというのも大きいです。

具体的にどのような業務を任せていますか?

 弊社では、弁護士事務所向けの業務管理システムを開発していて、日々、機能の拡張を行っているのですが、在宅エンジニアさんにはその上流工程を担当いただいています。具体的に言うと、弊社のサービスを利用いただいているお客様からたくさんの要望をいただくのですが、その要望をシステムに組み込むための要件定義をメインにお任せしています

“リモートに強い在宅エンジニア”

在宅エンジニアの印象的なエピソードがあれば教えてください。

 以前、上流工程の仕事をお任せしていた在宅エンジニアさんは、すべての工程を任せられるエンジニアさんだったので、お願いしていたのは上流工程だけでしたが、すごく仕事を進めやすかったです。弊社は、役員が全員エンジニア出身というエンジニア主体の会社なんですが、その中でも渡りあえるスキルのある方でしたね。

中村様インタビューの様子

 上流工程のみの仕事でも、エンジニアとしての知識や経験が豊富な人が仕事を任せやすいです。なぜなら仕事をする中でエンジニアと会話することが多いからです。

 在宅という視点で言うと、オフィスにいれば困ったときに口頭で聞けることも、オンライン会議システムやチャットツールを使わなければないため、慣れていない方だと導入に時間がかかってしまうのですが、在宅エンジニアさんの場合は、初日からスムーズに仕事に入っていただくことができました

 また、我々の働き方もフルリモートに切り替えたタイミングだったこともあり、在宅エンジニアさんの導入は、非常に進めやすかったです。

在宅エンジニアに仕事を任せることに抵抗はありませんでしたか?

 今までは、役員や社員の知り合いで信頼関係のある方に在宅で仕事をお願いすることはあったんですが、それ以外で在宅エンジニアに仕事をお願いするのは、今回が初めてでしたので、初めは少し抵抗がありました。でも、実際に動き出してみるとその不安はすぐに解消されました。ものづくりの会社ですので、しっかりアウトプットを出していただければ、問題はないと思います

セキュリティー面は気にされましたか?何か対処をされましたか?

 当社は、ISMSも取得していますし、社内にセキュリティのプロがいますので、元々セキュリティに関してはしっかり対策しています。例えば、社内の資料にアクセスできる人や端末を制限したり、アクセスログを残すことで情報の管理を徹底していますし、従業員に対するセキュリティ教育を定期的に行うことで、一人ひとりがリスクをしっかり理解し意識の高い対策ができていましたので、今回、在宅エンジニアさんを採用するにあたって、新たに何か対処したということはありません。

“実績はツールを使って効率よく管理”

在宅エンジニアを活用しているわけですが、業務内容の確認やコミュニケーション、実績管理に不安はありましたか?

 やっていただいている業務は、ツールを使って管理をしていて、タスクごとの進捗状況や実績をいつでも確認できます。また、日報ツールで従業員一人一人の業務量やリソースを確認ができるようになっています。これらは、オフィスで仕事をしているときから使用していて実績がありましたので、特に不安はありませんでしたが、リモートになるにあたって、情報の更新頻度を上げてもらったり、確認の頻度はあがったと思います。

対談する中村様の様子

 コミュニケーションの面では、気軽にチャットで話しかけられる環境を作っています。ただし、文字だけだと温度感や細かいニュアンスが伝わらないということがよくありますので、状況に応じてテレビ会議システムや電話なども併用するようにしています。元々オフィスで仕事をしていたときもチャットで会話をする文化のある会社でしたので、これに関しても大きな不安はありませんでしたが、対面での会話が気軽にできなくなってしまったのは、すこし残念ではあります。

在宅エンジニアへの依頼の仕方で、工夫などがあれば教えて下さい。

在宅エンジニアさんには、担当範囲を明確にした上でタスク単位で仕事を依頼をさせていただいています。また、先ほどお話ししたツールには、過去に対応した内容が記録として残っていて、それも参考にすることができますので、依頼された側も自分で調べることができるので、やりやすいのではないかなと思います。

在宅エンジニアを活用してみた結果はいかがでしたか?

中村様インタビューの様子

 在宅エンジニアは時間を自由に使いたいという人が多いので、そこは(社内的には)若干抵抗がありましたが、実際に始まってみると特に問題はありませんでした。在宅エンジニアは、すばらしいスキルをお持ちの方が多いので、働き方に制約があったがゆえに出会えなかった優秀な方々に仕事ををお願いできることは、メリットだと感じました。また、オフィスで仕事をしていただく場合と同じように業務を進められていると思います

 また、在宅エンジニアは、必要なスキルをお持ちの方に必要な期間だけ、柔軟に仕事をお願いできるというのがとてもありがたいです

在宅エンジニアの課題はありますか?

 コミュニケーションがとりにくい分、人間関係がうまくいかないといったことはあると思います。例えば、文字のやり取りだけでは、相手の感情までは読み取れないということがありますよね。普段からコミュニケーションをとっていて、相手の性格が理解できていれば起きないようなことが、在宅だと起きることがあると思っています。

 オフィスで仕事をしているときは、ちょっとした立ち話をしたり、一緒にランチをしたりすることで、より相手を知ることができましたが、在宅だと業務に必要な最低限の会話だけになってしまうので、そこの点は、何かしらの対策を考えていこうと思っています。

 また、人事としては、在宅エンジニアが働いている人の様子見られないので、普段のちょっとした変化に気づいてあげにくいという課題もあります。どうしても、予定を抑えて面談してという形になってしまうので、普段から様子を観察できるような仕組みができるといいなと思います。

在宅エンジニアの活用について今後の展望をお聞かせください。

 世の中の状況として、在宅で働きたいという人が増えてきていると思います。特にWEBエンジニアは、在宅でも仕事がしやすいということもあり、優秀な方が在宅エンジニアという形で仕事を探していることも多くなっていると思いますので、課題を解決しつつ在宅エンジニアを増やしていきたいです

 コネクティルさんは、とても親身になって相談に乗ってくれるのがありがたいです。今はこちらからの要望を出して人選していただくことが多いですが、今後は、弊社にマッチしそうな人材をご提案いただけると、今まで出会えなかった方と出会えるのではないかと思っています。


〜 株式会社カイラステクノロジーで働く在宅エンジニア 〜

在宅エンジニアさんにもインタビューしました!

在宅スタッフ清水さん

【45歳 埼玉県在住 清水さん】

これまでの経歴と現在の仕事内容は?

 StrutsやSpringなどのフレームワークを利用したJavaの業務向けシステムの設計・開発・テストをメインに行っていました。

 カイラステクノロジー様では、アジャイルでの上流工程に関わらせて頂き、仕様の修正・作成をしています。

以前働いていた頃と比べ、現在の仕事環境で良くなったことはなんですか?

 通勤がなくなったことで体力的にとても楽になりました。一人の空間で作業ができるので、集中でき、作業効率があがっていることを実感しています。

 また、将来両親の介護が必要になるかもしれませんが、その際も自宅で仕事ができれば安心して働けると考えています。

テレワークで円滑に仕事をするために、心がけていることはありますか?

 疑問点は早めに質問するように心がけています。わからない事をそのままにしておくと、後ほど大きな認識違いが起こる可能性があるからです。

 カイラステクノロジー様には小さな疑問でも丁寧にお答えいただきました。定期的にお声がけも頂き、より質問しやすい環境です。

これからどんなことにチャレンジしたいですか?

 今までJavaがメインだったので、新しい言語に挑戦し、仕事の幅を広げていきたいです。

 開発をすることも、仕様を考えることも好きなので、仕様から開発まで幅広く関わっていきたいです。


在宅スタッフ加藤さん

【50歳 東京都在住 加藤さん】

これまでの経歴と現在の仕事内容は?

テキスタイルデザイナーを経て、独学でグラフィックデザインを学んだ後に、WEB/DTPデザイナーとして長年勤務。デザインに携わり始めてから25年以上になります。

現在は主にアプリや業務システムのUI/UXデザインを担当させていただいています。

以前働いていた頃と比べ、現在の仕事環境で良くなったことはなんですか?

通勤時間がなくなり、時間の有効活用ができるのは一番の魅力です!また、出勤の場合は打ち合わせなどが多くなりがちですが、在宅では必要なときだけおこなわれるので集中力も上がり効率的になったと思います。

テレワークで円滑に仕事をするために、心がけていることはありますか?

顔が見えない分、よりコミュニケーションに慎重になるようになりました。チャットやメールが主なやり取りの手段なので、相手にどのように伝わるかを考えるようにしています。普段は顔文字や絵文字はあまり使いませんが、温度感なども伝えたいときにはあえて利用しています(^^)

これからどんなことにチャレンジしたいですか?

アプリや業務システムの仕事が増えるにつれてエンジニアと組む仕事が多くなりました。そのため、開発・設計の知識を多少なりとも身につけなくては…と痛切に感じています。苦手な分野で、しかも学ぶことが広範囲になるので大変ではありますが、コツコツと勉強を続けていきたいと思います。


中村様、清水さん、加藤さん、取材のご協力ありがとうございました。

\ どんな人材がいるの? サービスの詳細を知りたい 詳しくはお問い合わせください! /

お電話でのお問い合わせ: 03-6264-9563 (平日10:00~18:00 ※弊社指定休日除く)

Copyright© ZAIT , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.