“在宅エンジニアの活用が 我が社のステータスに”

在宅SE活用インタビュー

“在宅エンジニアの活用が

我が社のステータスに”

株式会社 エヌ・シー・エム

画像処理、地理情報処理システム開発
http://www.ncm-git.co.jp/

画像処理、地理情報処理システムを専門に、人や物流の経路を最適化するシステムを開発。
若手在宅エンジニアを積極的に活用し、社員教育に力を入れられています。

在宅エンジニアを活用したきっかけや、実際に採用してどのようなメリットがあったかについて、お話しを伺いました。

エヌ・シー・エム代表柳田様

代表取締役社長 柳田聡 様

東京大学大学院博士課程修了。土木工学博士。

1985年、大学院在学中に(株)エヌ・シー・エムを設立し、代表取締役社長に就任。
ディジタル道路地図作成支援システム、最適ルート探索エンジン、配車最適化エンジンなどを開発。

在宅エンジニアを活用し始めたきっかけは何でしょうか?

弊社はこれまで限られた人材のみで開発を進めてきたため、閉鎖的な環境で仕事をしていました。私が還暦を迎えたというのもありますが、「若い人材を育てたい」と思うようになりました。そんなときに、在宅エンジニアを派遣しているコネクティルさんに出会いました。
在宅の仕事を探している人は、勤務体制面での制約を抱えながら狭き門の中、仕事を得ていると思いますが、その中には優秀な人材もいるはずです。在宅での仕事を認めることで、そういった優秀な人材と巡り会えることができるのではないかと思いました。
また、人材を採用するにあたって、予算は限られています。フルタイムの人材を少数採用するよりも、限られた時間でしか働くことができない在宅エンジニアのほうが一人当たりの予算を抑えることができ、たくさんの方に出会うことができます。このような経緯で、在宅エンジニアを採用することを決めました。

“在宅エンジニアと信頼関係を構築できている”

現在働いている在宅エンジニアについて教えてください。

一人は30代前半の女性です。子育て中で、仕事との両立をしています。集中してコツコツと仕事をするタイプ。年齢が若いのでもちろん経験不足のことはありますが、そのようなときには私や社員が指導しサポートしています。
もう一人は20代後半の男性ですが、こちらはいわゆる“ITマニア”です。ベテラン社員も驚くような発想とスキルを持っていて、初めて仕事をしてもらったときには私も驚きました。
二人ともまだ会社に必要なスキルや経験が足りない点もありますが、そこは指導をしつつ仕事をしてもらっています。二人ともよく頑張っていて、とても良い関係を築けていると思います。

“在宅エンジニアを有効活用できるかは、会社次第”

在宅エンジニアに仕事を任せることに抵抗はなかったのでしょうか?

最初は、社員が在宅エンジニアを雇うことに不安を感じていました。しかし、よく考えてみれば相手がしっかりしている人であれば、それは在宅であろうがなかろうが関係ないことです。優秀な在宅エンジニアをしっかり生かせるかどうかは、会社次第というところもあります。在宅エンジニアを上手に活用することができれば、それは我が社にとって一つのステータスにもなると思いました。在宅エンジニアの二人が成果を出してくれているので、最初は不安がっていた社員も、今では彼らを評価するようになってきています。

セキュリティ面で不安はありませんでしたか?

確かに最初は心配でした。しかし、これも相手を疑いだしたら在宅スタッフであっても社員であっても同じことです。出社していても、情報を持ち出すことはできてしまうわけですから。相手との信頼関係があれば大丈夫だと思います。在宅エンジニアに「良い会社だな」「この縁を壊さないようにしよう」と思ってもらえるように、やりがいのある仕事を提供しようと心がけています。

仕事の依頼の仕方やコミュニケーションの取り方など、工夫していることは?

在宅エンジニアが仕事をしやすいように、仕事にかかる期間や、必要なスキルを考慮しています。なるべく一人で仕事ができるような、独立性の高い仕事を割り当てるようにしています。また、スタッフとの連絡は意識して取るようにしています。在宅でも放置はせず、「成果をしっかり見ているよ」という安心感を持ってもらえるようにしています。もちろん、プレッシャーをかけるという意味もありますが(笑)

在宅エンジニアとのコミュニケーションについてですが、入社当初は2週間に1度は来社してもらい、顔を合わせて仕事をするようにしていました。そうすることでお互いをよく知ることができるので、その後はオンラインでも円滑に仕事を進めることができました。在宅であっても定期的に会うことは、上手にコミュニケーションを取る上で大切な要素と言えます。特に、私が望む成果はなにか、どんな成果を嫌っているかをきちんと伝えることが肝要だと思っています。

柳田様打ち合わせ中の画像

“在宅エンジニアを活用したことで、コロナ問題が発生してもスムーズに対応できた“

在宅エンジニアを実際に活用してみて、いかがでしたか?

在宅エンジニアを活用し始めたのは2019年11月ごろからですが、そのあとにコロナが発生しました。結果的に他の社員も在宅で仕事をするようになったのですが、在宅エンジニアをすでに活用していたので、スムーズに移行することができました。その影響で、社員と在宅エンジニアとの差がかなり縮まりました。社員が全員、在宅で仕事をするようになってしまったのですから。そのため、社内規則をどう変えるか考える必要性が出てきました。

今後はどのように在宅エンジニアを活用していく予定でしょうか?

長期的には若い人材をどんどん採用していきたいと思っています。開発の経験がある人も必要ですが、若い人材を採用して一緒にやっていけるような仲間をつくっていこうと社内で検討しています。


〜 株式会社エヌ・シー・エムで働く在宅エンジニア 〜

在宅スタッフ今井様

【27歳 東京都在住 今井様】

これまでの経歴と現在の仕事内容は?

大学卒業後、今とは別の会社でエンジニアとして正規雇用されていました。2年ほど仕事をしましたが、都合により退職。現在はエヌ・シー・エムの在宅エンジニアとして働いています。
地図データやルート探索について教えて頂きながら、調査とコーディング補助を主におこなっております。

以前と比べ、現在の仕事環境で良くなったことは?

通勤時間が短縮できるため、プライベートが充実すると同時に仕事の効率も上がったように思います。私から技術不足を伝え、勉強の機会を頂いたことがあります。新人を快く受け入れてもらい、スキルアップに協力的である雰囲気です。新型コロナによる自粛時も在宅のため影響無く、通常通りだったのもありがたかったです。職場の皆様にも大変感謝しています。

これからどんなことにチャレンジしたいですか?

まずは周りに追いつきたいです。転職によって環境が変わり、より広い視野を手に入れました。自分の未熟さを思い知らされるとともに、周りはスキルの宝庫です。先輩方から多くを学び、力を付けていきたいです。


在宅スタッフ加川様

【33歳 千葉県在住 加川様】

これまでの経歴と現在の仕事内容は?

以前は主にVB.netを使った業務システムの開発をしていました。
エヌ・シー・エムでは、WebAPIの開発や社内システムのVB6からVB.netへの移植作業をしています。

以前と比べ、現在の仕事環境で良くなったことは?

保育園に通う子どもがいますが、以前働いていた会社では出社をして決まった時間しか仕事ができなかったので、中途半端に切り上げることがありました。今は自分で時間を決められるので、集中して仕事をすることができています。また在宅で、一人で仕事をしているので、自分で調べる力が身につきました。先輩社員や社長へ質問をすると丁寧に教えてもらえますし、質問した以上の回答が得られたり、ほかの視点での問題の見方を教えてくれたりなど、勉強になることが多いです。

これからどんなことにチャレンジしたいですか?

エヌ・シー・エムでは、経験のないこともやらせてもらえることが多いです。地図の分野など経験したことのないことや、新しい開発言語にも挑戦したいです。


柳田様、今井様、加川様 取材のご協力ありがとうございました。


\ どんな人材がいるの? サービスの詳細を知りたい 詳しくはお問い合わせください! /

お電話でのお問い合わせ: 03-6264-9563 (平日10:00~18:00 ※弊社指定休日除く)


Copyright© ZAIT , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.